クリエイターパソコンの種類と選び方

クリエイター用のパソコンと一口に言っても色々な種類があります。が、別にクリエイター用としては店頭に並んでいません。自分で各性能を選んでいきます。

 

まず、重要なのは、そのパソコンで何がしたいかということです。やりたいことによって選ぶものが変わってきますが、今回はある程度、なんにでも対応できように選びたいと思います。まずはCPU。パソコンの頭脳で作業をこなしてくれる重要なパーツです。

 

クリエイターということは何かを作り出す作業です。もちろん、賢くて考えるのが速く、処理をするのも速いCPUを選びましょう。一番、速さは最新型がいいでしょう。次に、メモリーです。メモリーとは、簡単にいうと作業するスペースの広さです。勉強机の大きさと考えればいいと思います。

もちろん、作業をしていく上で作業台は広いにこしたことがありません。できるだけメモリーの容量は多くしましょう。最低でも4Gは選んで下さい。多ければ多いほどたくさんのことが同時にでき、処理時間も速いので大きなギガ数のものを選んで下さい。。

あと、モニターも重要です。小さい画面より大きな画面の方が当然、作業がしやすいです。もし、可能ならば2面のモニターを使用して、作業しましょう。見た目にもかっこよくモチベーションがあがり、創作意欲が湧いてくると思います。

 

あと、クリエイトの内容によってはマウスのほかにタブレット式のマウスが必要になることがあります。画像処理をしたり、イラストを描いたりするのにタブレットを使います。最後に、クリエイティブな作業は、文章を書いたり、表計算したりするより、よりパソコンに高性能なものを求めます。各パーツで、できるだけスペックの高い仕様のするようにしてください。。