ノートパソコンとデスクトップPC選択に迷った時

ノートパソコンとデスクトップPCの選択に迷った時には、まずはパソコンでどういう使い方をするかを把握すると良いでしょう。

ノートパソコンはキーボードや液晶画面等一体化させたものであり、小型化しており移動が楽に行えるものです、自宅で使うだけでなくバッテリーで動きますから外出先でも利用出来る事は魅力です。

ノートパソコンは形状の問題からも高性能の部品を搭載させる事が出来ないですし熱を帯びやすい特徴もあります、操作する時もディスプレイ画面部分とキーボードが近い為に操作は窮屈な面もあります。

デスクトップは画面、キーボード、PC本体等がバラバラになったものであり、移動式のものではないので机に置いたりスペースが必要になります。

自宅内のみで使えるものであり、カスタマイズも行えて高性能な部品搭載も可能です、高度な仕事にも耐える事が出来て作業効率も高くなりますから、スマホ、タブレット、ノートと様々なものがありますが、仕事内容によってはデスクトップで無ければ出来ないような仕事もあります。

両者の特徴を踏まえた上で選択する事が望ましく、ネット閲覧やプリント、年賀状作成程度の簡単な用途の場合はノートPCで十分とも言えます。

プリンターやスキャナ、外付けハードディスクやその他の周辺機器をいくつも接続する場合はノートは向いていませんが、スマホやデジカメで撮影した画像や動画を取り込んだり印刷する程度ならば、プリンター接続だけで良いですしノートでも十分です。