ノートパソコンでもMMORPGに十分な性能があります

ドラクエ10の公式サイトにある動作環境ではノートパソコンのCPUがIntel® Core™ 2 Duo 1.6GHz 相当以上、メインメモリ2GB 以上となっているため、現在発売されているノートパソコンで、タブレットPCではないキーボードのあるタイプであればだいたい必要条件はクリアーしていると言えます。ゲームにはクーボードとマウスの使用が必須ですがこれも通常のノートパソコンなら問題ないでしょう。ドラクエ10はMacは非対応です。

 

一方、FF14の動作環境に適合した推奨モデルで最も古い年式のノートパソコンは2013年に発売されたインテル® Core™ i7-4702HQ プロセッサー搭載機で、CPUは2.20GHz(ターボブーストテクノロジーにより最大3.20GHz)と当時ではかなり高水準のものとなっています。

 

そのため現在発売されているパソコンでも高性能モデルを選ぶに越したことはないです。ゲーミングノートパソコンと銘打っている機種ならばほぼ問題はありませんが、各メーカーで販売されている最低価格のキーボード付きノートパソコンでは性能的にやや不安があるレベルです。

 

また、中古であればCPUは2.20GHz~最大3.20GHzの数値を超えていることは必須と考えてよいです。とはいえノートパソコンであってもMMORPGをプレイするにあたってデスクトップと大きな差のない性能を発揮できるノートパソコンは数多く存在しますし、ゲーミングノートパソコンでなくてもCPUの数値が他のノートパソコンと比べて出来るだけ大きいもの、同じくメモリの数値もできるだけ大きいものを選べばストレスなくMMORPGを楽しめるでしょう。

CPUとグラフィックボードの数字をチェック

初めてゲーミングPCを購入することになる場合は、数字のチェックをしなければなりません。この数字が小さいものになっていると、ゲーミングPCとして利用することがかなり難しいものとなっていたり、そもそもそこまでのスペックが足りないので、ゲーム自体が出来ないものと思えるのです。チェックする部分としては、やはりCPUの部分が重要になっています。この数字が非常に高いものは、それだけ安定してスペックを持っているので、パソコンを利用しやすくなります。

 

次にチェックしておくところは、グラフィックボードです。これは数字ではわかりづらいところもありますが、使われている物によって大分変わってくることは間違いありません。これはインターネットで調べるようにして、それからいいものが使われているかどうか確かめてしまうといいです。基本的にゲーミングPCは、インターネットで購入することが多くなっているので、ネットで調べてから購入を決断した方がいいです。

 

最後に、ゲーミングPCは比較的高いものとなっていますから、お金が安く抑えられると思っていることは間違いです。ある程度使わないと購入できず、しっかりしたゲーミングPCを購入するときには結構使うことになります。10万円くらいの予算を持っていて、その範囲で一番いいものを購入しておけばいいです。特にハイスペックのパソコンを選ぶことになっているなら、CPUとグラフィックボードのを確認して、それから予算を確かめて選びます。

思う存分ゲームを楽しめるパソコンの選び方

ゲームは、据え置き型のゲーム機を使用して遊ぶ従来のビデオゲームから、ネット環境下にあるPCやスマホなどを使用した形式へとトレンドが移り変わっています。

PCで遊ぶ大容量ゲームは増加し続けており、今後も更なる発展が期待されていますが、せっかく気になるゲームを見つけても、PCのスペックの問題から思うように遊べないといったお悩みを持つ方も多いでしょう。

そこで、今回はゲームで遊ぶことを前提としたPC、いわゆるゲーミングPCの選び方について簡単にまとめてみます。

 

まず最も重要なのは、PCにグラフィックボードが搭載されているか否かです。

グラフィックボードが搭載されていなかったり、スペックが低すぎたりすると、ゲーム画面が動かなくなったり、カクカクしてしまうといった問題が発生します。

 

そのため、ビデオメモリー容量の多いグラフィックボードが搭載されたPCを選択しましょう。ビデオメモリーは2GB程度あれば問題ありませんが、4K対応などのゲームで遊ぶ場合には4GB程度が備えられた物を選べば余裕を持って遊ぶことができます。

 

ゲームと同時にネットをしたり、動画鑑賞をしたり、音楽を流したりなど、同時進行をする場合にはメモリの容量も重要となります。ゲームの起動だけで6GB以上を使用してしまうケースも多いため、1台のPCで様々な機能を使って同時進行を行う場合には、16GB以上のメモリを備えたPCを選択すれば安全でと言えます。

 

PC用品を専門的に扱っているドスパラが展開する「ガレリア」というブランドは、ゲーミングPCとしての機能を備えたPCを扱っており、好みのスペックにカスタマイズすることも可能で、初心者の方から上級者まで多くの方の人気を集めています。

デルのゲーミングPC、ALIENWAREの魅力

デルのゲーミングPCで今注目を集めているのがALIENWAREシリーズです。

このシリーズはノートパソコンで3種類のものが用意されており、それぞれスクリーンの大きさが異なるのが特徴です。

 

スクリーンは17.3型、15.6型そして13.3型です。

大きな画面でゲームを楽しみたいという人には17.3型スクリーンのものがお勧めですし、持ち運びが自由にできることを重視して購入を考えている人には小型の13.3型スクリーンのものがお勧めです。

 

使いやすさに関してはしっかりとキーボードを打ち込みたい人向けの作りとなっており、ストロークが深めでキーボードのタッチもやや重めとなっています。

そのため打ち間違えを最小限にとどめたいという人にもお勧めできるものとなっています。

 

電池の持ち時間に関しては17.3型と15.6型のものは13.3型のものに比べると長時間使えるものが搭載されているものの、高性能だけにバッテリーの持ち時間は他のノートパソコンに比べるといまひとつかもしれません。

しかし電源につないで使用すれば問題はありませんし、一度に長時間の使用を避ければ気にならないことでしょう。

 

また熱処理に関しては17.3型のものが優れているために、ロールプレイングゲームなどの時間のかかるゲームをメインに行う人に適しています。

しかし15.6型や13.3型のもの特別熱くなることはなく、一度に長時間使用することがなければ問題はありません。

 

いずれにせよALIENWAREシリーズは性能、そして使用感においてハイレベルな製品と高評価を得ているデルのゲーミングPCです。

フェイスのパソコンとその特徴

パソコンを購入するときに気がかりなことの一つはアフターサービスです。

特に故障してしまったときに素早い対応をしてくれるかどうかはどこでパソコンを購入するかを決めるための大きなポイントとなります。

 

この点でフェイスは優れているパソコンショップの一つといえます。

フェイスはユニットコムというグループ会社に属しています。

 

そしてフェイスで購入したゲームパソコンはユニットコムが経営している店舗でサポートを受けることができるのです。

ユニットコム経営のパソコンショップは全国に100店舗以上あるために、たいていの場合は住まいの近くでサポートを受けることができるのです。

 

またもう一つフェイスの特徴として挙げることができるのはデスクトップのパソコンが数多く販売されているということです。

どちらかというとノートパソコンの種類は他のパソコンショップに比べると少ないかもしれません。

 

しかしパソコンを持ち歩く予定がなく、決まった場所で使うことが習慣になっている人でしたらフェイスで販売されているたくさんのデスクトップパソコンの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

 

またハイスペックパソコンの評判がよいことで知られているフェイスですが、高価なものの売れ行きが好調であることに伴い、料金の分割払いが可能です。

なんと料金が5万円以上で、しかも3年間の保障に加入すると12ヶ月間の無利息ローンが組めるというシステムを採用しているのです。

このようにフェイスでのパソコン購入には大きなメリットがあるのです。

コストパフォーマンス重視のゲーム用パソコンならドスパラがオススメ

パソコンでゲームを楽しみたいと考えた場合、使用するパソコンにもそれなりのPCスペックが要求されると思います。

そして実際にゲーム用のパソコンを購入にあたり、それなりのスペックのパソコンを検討するとなるとメーカー製のパソコンは避けた方が良い、と個人的には思っています。

 

メーカー製のパソコンはブランドバリューがありますので、値段が高い割にスペックが大した事が無い事が多いからです。

パソコンでゲームをするなら、最低でもcoreiシリーズのCPU、メモリも8GB位は搭載しているパソコンを選ぶ必要があると思います。

 

それなりのスペックで値段が安いパソコンを、と考えた時に検討したいのがショップブランドのパソコンになります。

ショップブランドと言ってもショップはたくさんありますが、その中でも特にオススメなのが、ドスパラのパソコンになります。

 

お好みのスペックで自由自在にカスタマイズ可能なBTOパソコンが多数ラインナップされていますし、ドスパラはBTOパソコンの分野では最大手のショップですので何より安心感がありますからね。

 

私も以前、ドスパラでノートパソコンを購入しましたが、パソコンスペックと値段のバランスが取れていたのが購入の決め手になりました。

 

しかも、作りもしっかりしていて8年前たった今でも検証機としてバリバリ稼働してくれています。

ですので、もしゲーム用のパソコンを探していてコストパフォーマンスを重視したいのであれば、ドスパラのパソコンをオススメします。

どの推奨PCでも他のタイトルが遊べる安定ブランドPCは?

最近のパソコンゲームは、なかなかに高いスペックを要求してくるゲームが増え、昔のパソコンではちょっと楽しみづらいというのがあるかもしれません。

どこのパソコンショップでも独自のパーツの組み合わせで作ったオリジナルモデルのパソコンを販売しており、ゲームとかネットサーフィンとか用途に合わせて様々な種類があります。

 

その中でもマウスコンピューターのG-tuneは、そんなに悪くない選択肢と言えます。

 

G-tuneのパソコンは、ゲームに合わせて何十種類もパソコンが用意されていて、タイトルごとに推奨されているパソコンがあります。

基本的にスペックが値段と同程度であり、どのタイトルの推奨PCを購入したとしても、他のタイトルも十分遊ぶことが出来ます。

サイトを見ると何十種類もあって選ぶのに困ってしまうかもしれませんが、蓋を開ければパーツなどは殆ど一緒です。

 

例えば、ファンタシスターオンライン2とモンスターハンター フロンティアGの推奨PCですが、値段はファンタシースターオンライン推奨の方が98,800円、モンスターハンター推奨が109,800円です。

では、この2つで何が違うかというとCPUだけで、他のパーツは一緒です。

 

ファンタシースター推奨がi5-4460というCPUなのに対し、モンスターハンター推奨はi7-4790というCPUです。

i5の方がi7より1ランク下のCPUであるとはいえ、十分過ぎる性能を持っていますので、モンスターハンターを楽しむこは十分出来るのです。

 

つまり、どのパソコンを選んでも、大きく外れるということはないと言えますから、有る意味安定しているブランドと言えるでしょう。